ぼさみと愉快な○○たち

【ぼさみと愉快なオカマたち】大阪・堂山での悲劇

20年ほど前、月1-2くらいの割合で大阪の堂山町で飲んでいました(笑)

東京でいうところの「新宿2丁目」という感じです。

あの頃は楽しかった!

普通に生活していたら、絶対に見ることのない世界を見せてもらいました。

そこで起きた私にとっての悲劇を書かせていただきます。

郷に入っては郷に従え!ですぞ(・Д・)

堂山は、知る人ぞ知る大阪のゲイタウンです。

お店によって、女性客NGorOKなどルールがあります。

当時、私が通っていた2店はもちろんOKのお店でした(笑)

そのうちの1店で知り合った男の子Sくん(仮名)が、なぜか私のことをいたく気に入ってくれました( ゚д゚)ナンデ?

その子に連れられて、ときどき他店にも行ったりしていました。

そんなある日のことです。

S「今から行く店、女の子禁止やけど俺と一緒やし大丈夫やから( ̄ー ̄)bグッ!」

「いやいやいや。。。それはアカンて!ルールは守ろうよ!」

S「大丈夫やって!ママ、OKしてくれたで?」

かなり断ったものの結局断り切れず入店したら。。。ハイ!d (´Д`) アウト~!!

ママは、普通に出迎えてくれました。

ま、自分がOKしてますからね(笑)

お客さんたちの視線が痛すぎました( ;´Д`)ゴメンナサイ、ムリヤリツレテコラレタンデス-

私にとって、堂山町はルールを守って遊ぶイメージが他よりも強いところです。

今後も楽しく遊ぶため、郷に入っては郷に従えを常に念頭に置いていました。

それなのに、それなのに。。。女性客NGのお店に入店なんてありえない!!!(つД`)ノ

断りきれなかった私が悪い。。。私が悪い。。。うん、私が悪いよね(´;ω;`)

しかし、悲劇はここからなんです。

Sくん、私を置き去りにして出て行ったーーーーーΣ੧(❛□❛✿)エー!!!

すぐ戻るからと言って、多分他店へ。。。少し待つも戻らず( ̄◇ ̄;)ハヤクモドッテキテ

さすがにいたたまれず、チェックして帰らせていただきました(´-ω-`)

その後、元のお店に戻ったらなんと!彼は、そこに居りました!Σ( ̄。 ̄ノ)ノウソヤン

さすがの私も、かなりきつく苦情を言いましたよ(苦笑)

そして、ママも一応とがめてくれました。

一応お客さんですからねーそれはもうやんわりと(笑)

ゲイバーで遊ぶ予定の女性のみなさん、しっかりルールは守って入店しましょうね(笑)

✅ゲイバーで遊ぶ際は、女性客がOKかNGかについてしっかり確認してから入店しましょう。  

✅連れに大丈夫だと言われたとしても、常連さんの迷惑になる可能性があるのでそこは弁えましょう。

1/2の悲劇←神話じゃないよ(笑)

また別の日、もう1店のお店で起きた悲劇です。

その日、有名なメイクアップアーティストさんがご来店されたことで、店内はメイクの話で盛り上がっておりました。

※その辺りに疎すぎる私は、その方のお名前は存じ上げませんでした(苦笑)

なぜか私のメイクをしてくださることになりましたが、他人に顔を触られることが大の苦手である私はかなり憂鬱になりました(´-ω-`)

店内の雰囲気を壊さぬようやんわりと断わるも、またしても押し切られました(汗)

いざ、メイクのスタートです!

あれ?嫌じゃない?(・Д・)サスガハプロデスネ

プロの魔術とでもいうのでしょうか?

嫌な感じがまったくしませんでした

そして、左右どちらかは忘れましたが半分が出来上がり!

ビューティホー♪キャ━━(*ノ∀ノ)━━ァ 

お目々パッチリで私じゃないみたいです(笑)

その後、もう半分に対して一向に手をつける様子のないアーティスト様。。。

あれ?あれれれれ?あの〜もう半分、お忘れではないでしょうか?( ̄▽ ̄;)

ポカーンとしている私に、オカマたちはゲラゲラ笑いながら言いました。

やだーぼさみん、この人にフルメイクさせたら100万円払わなくちゃよー!

えーーーーーーーーーー!!!ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!

ちょっと待て!私、断ったよね?

無理くりやっといて半分って何やねん!プンスカ ٩(๑`н´๑)۶ プンスカ!

泣く泣く顔半分をかくしながら帰宅しましたとさ(´;ω;`)ヒドイ

✅ゲイバーには有名な方が来店されることがあり、他にも某有名人をお見かけしたことがあります。

✅プライベートなので有名人に遭遇しても知らんぷりしてあげましょう。

✅無料(タダ)より高いものはありません。

✅向こうから甘いお言葉を囁かれたとしても断固として拒否しましょう!(笑)

最後に

もう20年も前のことではありますが、昨日のことのように思い出されます。

それほど、彼(彼女?)たちとの日々は、濃くて楽しく、私の平凡な人生に彩を与えてくれました。

現在連絡を取っているのは悲しいかな1人だけです。

彼は独立して、大阪東心斎橋でお店を営んでいます。

コロナが落ち着いたら遊びに行こうと思っています!

オープン記念やら、周年記念やら、色々用意しなきゃと思うと、もうこのままで良いんじゃね?と思ってしまいますが(笑)

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます☆

また、覗いていただけたら幸いです^^


ABOUT ME
ぼさみ
はじめまして☆ぼさみと申します。たくさんのブログの中から見つけてくださりありがとうございます^^当ブログは「とにかく神戸にもどりたい!」「絶対神戸にもどる!」と思っているアラフィフシングル女の日常について綴っています。クスッと笑っていただけたり、同じような境遇の方たちに共感していただけたら幸いです^^よろしくお願いします☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA