Hideki

【西城秀樹】ヒデキが私にくれたもの【一生青春・愛の人】

ヒデキは、西城秀樹として私たちの前に現れてから旅立つまで、たくさんのことを与えてくれ、教えてくれたのだということに、今更ながら気づきました。

気づくのが遅すぎました(´;ω;`)ワタシノアホ

今よりも不便だったけど、贅沢で輝いていたあの頃

以前、この記事をアップしました。

ヒデキファンの方から頂いた、TwitterのコメントやDMなどでこの時代が私の世代にとって、本当に贅沢で輝いていた時代だったんだと改めて気づくことが出来ました。ありがとうございます^^

携帯電話もインターネットもなかった時代、今より不便だったかもしれませんが、それが当たり前だったあの頃はそれを不便とは思いませんでした。

子供だった、若かったということもあるかもしれませんが、当たり前にヒデキがいたあの時代は、紛れもなく贅沢すぎる時代だったんですね^^



一生青春。。。そして、戻れないから青春さ

ヒデキの座右の銘である一生青春

この言葉のとおり、ヒデキは人生をがむしゃらに突き進んでいったんだと思います。

その一方で、度重なる不遇を潔く受け入れ、あれほどの病を患いながらも、たくさんの人々に愛を与えることを厭わなかった、愛の人でした。

そして、私の大好きな曲俺たちの時代の歌詞である、戻れないから青春さ

「一生青春」「戻れないから青春さ」

一見相反するように思えますが、これって繋がっていると思いませんか?

時は戻せません。※ぺこぱの松陰寺さんが、いくら「時を戻そう」と言っても、戻せません^^;

二度と戻らないからこそ、青春は、若かったあの頃は、美しく儚いのだ。。。

失った、過ぎてしまった時は戻らない。

だからこそ、を一生懸命大切に生きよう。

の積み重ねが未来へつながり、そして、は過ぎてしまえば過去となる。

を大切に生きることで、過去未来も人生にとって、光り輝く宝物となる。

大切に生きている、この一瞬こそが、最も素晴らしく輝いている時なのだ。

そして、そのという時は、生きている限り、ずっと永遠に続いていく。

だからこその一生青春なのではないかと、私は思いました^^

ヒデキが実際に思っていた意味とは異なるのかもしれませんが、ヒデキに関わる言葉(詞)は一見違うように見えても、ヒデキの生き方に影響しているのではないかと思うのです^^

急に哲学っぽくなっちゃいましたよーどうした、私!?(笑)



ヒデキとファンとの絆

ヒデキとファンの方との繋がりを知って、初めて、芸能人とファンとの関係性を羨ましいと思いました。

芸能人とファンとの関係性や応援の仕方等は、それぞれ形が違います。

どれが良くて、どれが悪いとかではなく、ただただ、ヒデキとファンの方との関係性を羨ましと思いました^^

ヒデキのコンサートを知らなかった私は、ヒデキの旅立ち後、動画で初めて見ました。

ヒデキが客席を見つめる瞳は、ものすごく優しくて温かかったことを知りました。

客席から登場するヒデキが、当たり前のようにお客さんと一緒に歌ったりしています。

あー、そうだそうだ、この時代ってこういうこと、当たり前だったよね^^

ヒデキは、お客さんと一緒に歌うことが大好きなんだってことを知りました。

そして、お客さんの歌声を聴くのが大好きなんだということも。。。

オケに合図して音量を下げ、客席にマイクを向けるヒデキと、それに応えるお客さんたち。。。何度見返しても涙が溢れてきます(´;ω;`)

ヒデキが嬉しそうに楽しそうに幸せそうに、肩を揺らし、リズムを刻み、あちこちを駆け巡る姿が愛おしくて愛おしくて。。。(´;ω;`)

この人は、どれだけファンを愛していたんだろう。。。

どれだけ、ファンを想って生きてきたんだろう。。。

この場に、なぜ私はいないんだろう。。。←ここ、一番重要です!(笑)



愛の園。。。ならぬ、愛の人

ヒデキが50歳の頃、ファンの方に手作りカレーを振る舞うのも素敵でした。

リンゴとハチミツに加えて、ヒデキの愛が隠し味にあるなんて、贅沢すぎる♪(〃ω〃)キャー

ヒデキは、本当にファンを大切にしてきたんだなーって思いました。

ファンの方は、

「ヒデキは、私たちに、愛と幸せをたくさんくれたから」と仰るでしょう。

でも、ヒデキはきっと、

「いやいや、僕の方が皆んなから、たくさんの愛と勇気をもらって、幸せだったんだよ」

って言うんだろうな^^

ヒデキは、直接触れ合えるファンだけでなく、ブラウン管の向こうからお茶の間にもたくさんの愛を与えてくれたと思います。

それに気づかず、受け取らず生きてきた自分。。。悔やんでも悔みきれません(´;ω;`)

愛の園を初めて聴いたとき、小学5年生だった私は、地味だと思ってあまり好きではありませんでした。←子供って残酷ですね^^;

ヒデキの愛情深さと曲の意味を知った今、ヒデキだからこそ、この曲が歌えたのだと思います^^



まとめ

いつだったかは忘れましたが、ヒデキの生前、ふと

そういえば、西城秀樹って悪く言う人いないよねー性格良いんだねー

と、友達同士で話したことがありますが、そのときの私に言ってあげたい!

性格良いなんてもんちゃうで!愛に溢れた人やで!愛の人やで!と。。。^^

ヒデキの旅立ちに後悔しかなかった私は、これからは後悔したくない、自分の心に正直に生きたい!と、強く思うようになりました。

それが、このブログ開設にも影響していると思います。

そして、私の大切な人にも、素直にたくさんの愛を伝えたいと思います^^

当たり前だと思っていた日常は、実は当たり前ではなく、いつどうなるかなんてわかりませんし、そうなってから後悔しても遅いのですから。。。

皆さんはどうですか?

大切な人に対して、素直に愛を伝えることが出来ていますか?^^

ヒデキは、とても繊細で感受性の強い人でした。

素敵な言葉をたくさん遺しています。

ファンでない方にも知っていただけたら。。。と思います^^

余談ですが、昔、JITTERIN’JINN(ジッタリン・ジン)のプレゼントという曲をカラオケでめちゃめちゃ替え歌したのを思い出しながら、タイトルを書きました^^

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます☆

また、覗いていただければ幸いです^^

ABOUT ME
ぼさみ
はじめまして☆ぼさみと申します。たくさんのブログの中から見つけてくださりありがとうございます^^当ブログは「とにかく神戸にもどりたい!」「絶対神戸にもどる!」と思っているアラフィフシングル女の日常について綴っています。クスッと笑っていただけたり、同じような境遇の方たちに共感していただけたら幸いです^^よろしくお願いします☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA