鑑定・占い

【元占い師】鑑定物語①【元占いジプシー】

昔々、とあるところに占いジプシーとなった女子(おなご)がおりました。

※占いジプシーについては、↓↓↓こちらの記事↓↓↓をご参照ください。

占いジプシーとして様々な占い師のもとを転々とするうちに、ひょんなことから自らも占い師となりました。

これは、その女子(おなご)の占いジプシー時代の鑑定結果や占い師時代の話をシリーズ化したものです。

過去世での縁

占いやスピリチュアルに興味のある方はもちろんのこと、そうでない方でも、今世で縁のある人とは過去世でも縁があったという話は聞かれたことがあると思います。

ポチと私も例外ではなく、占いジプシー時代に数多くの占い師さんから「過去世での縁が深い」と言われました。

鑑定結果を聞きながら「ほんまかいな?」と思いながらも、悪い気はせず嬉しかったのも事実です(笑)

その中でも過去世を見ることを得意とされている占い師さんの鑑定結果は、鳥肌が立つくらいその情景が私の脳裏にハッキリと浮かんでくるものでした。

過去世でのポチとぼさみ

輪廻転生という言葉をご存知でしょうか?

輪廻転生とは、死んだ人の魂がこの世に何度も生まれ変わってくることを言います。

魂は何度も生まれ変わるため、過去世は一つだけではなくいくつもあります。

占い師さん曰く「もっとも強く出てくる過去世を伝えている」とのことでした。

ポチと私の場合は・・・

時代は幕末から明治維新のあたりです。私はとある大店の主人の後妻となったそうです。

主人と私は親子ほどの年齢差があり、私が望んでの結婚ではなかったとのことです。

主人はワンマンなうえに、時代的なものもあるせいか男尊女卑がひどく、私の扱いは奥方と呼べるものではなかったようです。

自分が無理やり嫁にしといて酷い男ですわ・・・( ̄^ ̄)プンプン

主人だけでなく周りの使用人たちからも奥方として扱ってもらえなかった私にとって、唯一の味方はその大店の長男であるポチだけでした。

ポチは私にとって義理の息子になるわけですが、年齢差は3歳程度だったようです。

ポチはポチで可哀想な境遇だったらしく、大店の跡取りとして生まれたものの身体が弱かったため、父親からは疎まれていたようです。

そして、その父親(主人)はポチの母親(先妻)のことも大切にはしていなかったようで、身体の弱かった先妻はポチが幼いころに亡くなったそうです。

絵に描いたような横暴な主人ですな・・・( ゚д゚)ヒデー

孤独な幼少期を過ごしたポチと、望まずに親子ほど年の離れた冷たい男のもとに嫁いできた私・・・似たような境遇のためかすぐに打ち解けたようです。

そして、誰一人として味方のいない屋敷の中で、いつしか親子としてではなく男女として想いを寄せ合うようになったのは、自然な成り行きだったのでしょう。

そりゃー自分のことを大切にしてくれないオッサンよりも慕ってくれる若者の方が良いに決まってますよね!(笑)

そんなある日、主人が商品の買い付けで幾日か留守にするときがありました。

そのとき、一度だけ二人は結ばれてしまったのです!!!(ベタな展開ですな笑)

そうなると、隠していてもどこか二人の雰囲気から滲み出るようで・・・使用人たちが二人の仲を疑うようになりました。

そして、買い付けから戻ってきた主人に告げ口する使用人たち・・・( ゚д゚)オソロシイ

主人の怒りは烈火の如く・・・跡取りであるにもかかわらずポチを遠縁へ婿にやってしまうのでした。

残された私は絶望の日々を過ごしていましたが、唯一の希望がポチとの間に出来た子供でした。

一度きりでしたが子供を授かったらしいです(笑)

ですが、産後の肥立が悪く、亡くなったとのことでした・・・( ゚д゚)ウソヤン

そのころポチはといいますと、婿入りした家と折り合いが悪く、生来身体が弱かったこともあり、これまた若くして絶望の中で亡くなったとのことです(´;ω;`)

時代とはいえ悲しすぎる・・・(´;ω;`)

過去世と今世、そして来世へ

仲を引き裂かれた結果、ポチも私も絶望の中で亡くなってしまいました。

過去世の話を聞きながら、私の脳裏には様々な映像が浮かんできました。

歴史に名を残しているわけではないので確認することは難しいですが、屋敷の中や庭の風景、使用人たちの雰囲気、私たちの暮らしぶりなどがハッキリと浮かんできました。

それが魂の記憶なのか、テレビや映画で見た映像なのかはわかりません(笑)

でも、ポチとの不思議な出会いや想いから、そういう過去世があっても不思議ではないと思います。

過去世では結ばれることなく悲恋で終わりましたが、だからこそ今世では結ばれる運命なのだそうです。

ただ、縁が深ければ深いほどカルマも深く、結ばれるまでの道が困難ではあるそうです。

カルマとは、「業」ともいい、仏教的な言葉の意味は「行い」を意味します。

それって、また来世へ持ち越すのでは???(笑)

過去世の縁を知ることも大切ですが、今を生きている以上、大切なのは今世です!

今世を幸せに生きてこそです!

そして、魂は繰り返し生まれ変わりますので、今を大切に生きることが未来永劫幸せに生きることにつながると、私は思います。

今が幸せだと思えなくても、腐ることなく大切に過ごしていれば、いつか必ず幸せになるときはやってくると、私は信じています^^

愛のカタチは人それぞれ

占いジプシーや占い師としての経験から、愛のカタチって本当に人それぞれなんだということを知りました。

婚姻届を提出して法律上夫婦となりたい人、形式にはとらわれず事実婚を望む人、たとえ一緒にいられなくても魂の結びつきを大切にしたい人などなど・・・。

価値観は人それぞれ、愛のカタチも人それぞれです。

自分にとって、また相手にとって何が大切なのか、どのようなカタチがもっとも相応しいのかを考慮して、最高のカタチで結ばれると良いですね^^

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます💕

ではでは。。。またお会いしましょう🌈🌈🌈

ABOUT ME
ぼさみ
はじめまして☆ぼさみと申します。たくさんのブログの中から見つけてくださりありがとうございます^^当ブログは「とにかく神戸にもどりたい!」「絶対神戸にもどる!」と思っているアラフィフシングル女の日常について綴っています。クスッと笑っていただけたり、同じような境遇の方たちに共感していただけたら幸いです^^よろしくお願いします☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA