倒産・失業・仕事

【会社が倒産】本日、不渡り出しますよ。。。【いきなり無職】

とうとうこの日がやってきましたね(笑)

何があろうと夜は明ける=朝はくる

あーたーらしーいーあーさがきたーきーぼーうのーあーさーが♪

どんなことがあろうとも、夜は開け、朝は必ずやってくるわけです。

例に漏れず私にも朝がやってきました。

ええ、倒産当日の朝でございます^^;

倒産するとわかっていての出勤なんて、はじめての経験です(笑)

正直、起床してから自宅を出るまでの記憶がありません。

きっと、こんな感じだったのではないでしょうか^^;

とってもとってもとーっても足取りが重かったことだけは覚えています。

道中、とにかく気分が重く、徒歩5分の道のりがはるか遠く。。。暗〜〜〜いオーラをまとってトボトボと歩いていたと思います。

お巡りさんに出会っていたらもれなく呼び止められていたことでしょう(笑)

会社に到着し、何も知らないオッサンらを見て胸が痛みました。

この人ら何も知らんと。。。(´;Д;`)

言いたい。。。でも言うわけにはいかない。。。

通常通り業務をこなし、お客さんに愛想を振りまき、とにかくとにかく平静をよそおって誰にも悟られないように気をつけました。

こんなときでも笑えるんですから、人間って強い生き物ですよ(笑)

とうとう不渡りが。。。

朝の業務が終わり、オッサンたちは別の場所での作業があり移動します。

ころあいを見計らって社長がおもむいて行きました。

とうとうですね。。。ゴクリ

そろそろ伝わったころかな。。。

みんな、どんな反応するのかな?ショックだろうな。。。

そんなことを思いながら、私はいつもどおり帳場に一人残って淡々と業務をこなしていました。

すると、組合の事務長が血相を変えてやってくるのが見えました。

「社長はっっっ!?」

とうとう不渡りが出たんやなーと思いながら、そんなことはおくびにも出さず、普通に答える私でした。

「○○にいます。」

「戻ったら組合に来るよう伝えて!」

「わかりました。」

そんなやりとりをして事務長が去っていくと、今度は当時仲良くしていた組合の事務員さんがやってきました。

「大丈夫?何か力になれることあったら言って!」

「うん、大丈夫だよ。ありがとう^^」

周りのただ事ではないという態度を感じ、だんだんと倒産したんだなっていう実感が湧いてきたのでした。

消えた退職金500万!

社長がオッサンたちに倒産の事実を伝えた様子は、あとでその中の一人に聞きました。

その場にいたらやり切れなかっただろうな(´Д` )

皆、唖然としていたそうです。

そりゃそうだよね。。。皆フリーズしてしまうわ^^;

社員の一人に社長の従兄がいたのですが、彼は退職金500万円を会社の運転資金に貸していたそうです(゚д゚lll)

社長から頼まれ身内ということもあり貸してしまったそうですが、まさか倒産するなんて微塵も思わなかったのでしょうね。

社長に詰め寄る従兄。。。二人とも涙目だったそうです。

今想像してもつらいわ。。。( ;´Д`)

もちろん戻ってくるなんてことは一切ありません。

あると思っていた500万円がある日突然ないと知らされる。

想像するのも恐ろしいです(゚д゚lll)

社長、よく殴られずに済みましたね( ̄▽ ̄;)

私の退職金、断られてほんまに良かった!( ;´Д`)

でも、このことをオッサンたちに知られてはなりません!

倒産後、皆バラバラになるだろうし会うことはもうないかもしれません。

円満に別れるためにも、ぜっっったいに知られてはなりません!

また一つ皆を欺かなければならなくなり、つらかったです(´;Д;`)

最後に

ここから色々な手続き等、怒涛の日々が始まります。

(大袈裟な。。。笑)

倒産という悲しくつらい出来事ではありましたが、今では良い経験をさせてもらったと思っています^^

こうやってブログのネタにもなりますしね(笑)

楽しく懐かしい想いで書かせていただいております^^

転んでもタダでは起きませんよー♪

本日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます💕

ではでは。。。またお会いしましょう🌈🌈🌈

ABOUT ME
ぼさみ
はじめまして☆ぼさみと申します。たくさんのブログの中から見つけてくださりありがとうございます^^当ブログは「とにかく神戸にもどりたい!」「絶対神戸にもどる!」と思っているアラフィフシングル女の日常について綴っています。クスッと笑っていただけたり、同じような境遇の方たちに共感していただけたら幸いです^^よろしくお願いします☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA