倒産・失業・仕事

【会社が倒産】倒産したのって私のせいですか!?【休みがほしい!】

倒産する数ヶ月前、ふと私の脳裏にこんな思いが浮かびました。

このままここに居る限り休み少ないままなんやなぁ。。。

そして、その思いは倒産直前まで私の脳裏に浮かんでは消え、浮かんでは消えしていました。

ブラックですよね。。。

私の勤めていた会社は、従業員は少なく、昔ながらの個人商店のような会社でした。

先代社長(倒産社長の親父さん)は、軍隊入隊を経験し戦後一代で会社を築き上げた、絵に描いたようなワンマン社長頑固親父でした。

先代は、社員が休むことをこころよく思わない人でした。

雇ってやってるんや!!って考えの人で、身内の不幸で休んだ社員にもブツブツ文句を言うような人でした(゚д゚lll)

そんな環境でしたから、私も体調が悪かろうが熱があろうが休むことなく出勤しておりました。

ただ、そこを除けば自由な職場ではありました^^

先代が居るのは店を開けている朝の数時間だったので、店が終わってから早退することは出来ました。

連休に旅行の予定があるときなどは、早退して前日からお出かけ♪なんてことは許されました^^

ただ、有給休暇というものの存在はなく、とにかく休日の少ない職場ではありました。

3日以上の連休はお盆(3日)と年末年始(5日)のみでGWも間に出勤しなければなりません。

もちろん週休2日ではありません^^;

その当時はそれを当たり前のように思っていたので、倒産後の就活で求人票を閲覧したとき世間一般の休日の多さに驚きました(笑)

え?世の中ってこんなに休んでいるの!?

シラナカッタヨ。。。( ゚д゚)

という感じでした(笑)

そして、ワンマン社長は社員への暴言も当たり前です( ゚д゚)

「アホ」「ボケ」「カス」

なんて暴言は日常茶飯事でした^^;

昔々、先代がまだ若いころは、手が出るのも当たり前だったようです(゚д゚lll)オソロシイ

私が入社してからは、さすがに見たことはありませんでしたがそれに近いことはありました(汗)

暴言については、その瞬間は嫌〜〜な気持ちになりますが、毎日のように聞いていると耐性が出来てしまうのかあーまたなんか吠えとるわ。。。って感じです。

慣れって恐ろしいですね(笑)

※うちの会社のブラック要素※

✅社員が休むことをこころよく思わないワンマン社長。

✅日々大声で怒鳴っているワンマン社長。

✅私用に社員を使うことが当たり前のワンマン社長。

✅有給休暇なんてものはこの世に存在しないと思っている。

✅休日が少ない(休むことを悪だと思っているふしがある)

✅サービス残業なんて当たり前。

✅健康診断などの福利厚生は存在しない。

こんな職場ってどうですか?

ブラックかブラックじゃないかでいったらやっぱりブラックですよね(笑)

家賃15,000円!

それでも続いていたのは、それなりに良いところもあったからです。

私の場合は、社宅に住んでいて家賃が激安だったということも大きかったと思います^^

同年代の事務職の給与よりは多かったと思いますが、何よりも家賃15,000円というのは大変魅力的です♪

たとえ1960年代頃に建てられた古い住宅だったとしても(笑)

倒産前、脳裏に浮かんでいたもの

私がこの会社に入社したのは、1991年11月のことで入社月でわかるように短大卒業後、初めての転職でした。

ワンマン社長のもとでやっていけるか不安はありましたが、もともと順応性には自信のあった私はすぐに慣れてしまいました^^

若かったのもあり仕事はすぐに覚え、最年少ということもありチヤホヤされ先代との時間をやり過ごしさえすれば、問題は特にありませんでした。

そして、いつしか時は流れ。。。20代前半だった私もいつの間にか四十路へと。。。^^;

そして、その頃から、なぜかしょっちゅう同じ考えが脳裏をよぎるようになりました。

✅このまま定年までここに居るんやろなぁ。

✅ここに居るかぎり連休なんてないやろなぁ。

✅海外旅行なんて絶対出来んやろしなぁ。

✅今更転職もなぁ。

ここが倒産せんかぎりは、ここに居るんやろなぁ。

って!ほんまに倒産しましたがな。。。ビックリですわ( ̄▽ ̄;)

ワンマン社長の死

こんなことを考えるようになった背景には先代が亡くなったことも関係したのでは?と思います。

倒産する前年、2009年に先代が亡くなりました。

先代が生きていた頃は、「こいつが死んでも絶対泣かん!( ̄^ ̄)と、頑なに思っていました(笑)

それなのに、それなのに。。。あら不思議!

通夜、葬儀ともに涙が溢れていましたよ(´;ω;`)

20年近い年月は重かったということですね^^

ただ、先代の死を悲しんだとはいえ、それとは別に

休みカモーン!!!

という期待があったのも事実でした(笑)

そんなことには全然なりませんでしたけどね(˘・з・˘)ブー

先代が生きていた頃から、代替わりしたら休めるようになる♪と、なぜか思い込んでいた私たちは、先代の引退を強く強く願っておりました(笑)

さすがに不幸なんて願ってはいませんでしたが、先代の死を迎えた後には、会社の体質、体制が変わるかも♪という期待があったことは事実です(笑)

そんな期待は虚しく、ただ倒産しただけでしたが( ̄^ ̄;)クッ

期待が裏切られたことでよけいに休みが欲しいと思ったのかもしれませんね^^;

潜在意識が引き寄せた!?

ヤバイ!

こんなん書いたら私が倒産を引き寄せたと思われる(汗)

私のせいで倒産したと思われるー!!!

この世で経験するすべてのことは自分の潜在意識が引き寄せていることと考えれば、あのしょっちゅう浮かんでは消えしていたものは私の潜在的な願望だったのかもしれません。

ということは。。。やっぱり私が引き寄せてしまったのかもしれません^^;

ただ、私だけではなく私たちの集合的無意識が引き寄せたのでは!?と考えています。

私自身、倒産直後はショックもあり病みましたが、すぐに立ち直って

ロンバケ来たー!!!!!♪───O(≧∇≦)O────♪

と、喜んだのも事実です(笑)

ピンチはチャンス♪

倒産直後はショックもありましたが、倒産は辛くて悲しいことだけではありません。

自分の経験値を上げるチャンスと思えば大丈夫です^^

あのまま会社に居たら知らなかったであろう世界を私は見ることが出来ました。

20年ぶりの就職活動により、就活市場の移り変わりを知ることが出来ました。

学ぶこと(スキルアップの楽しさも知りました。

正しい情報を得ることの大切さも知りました。

ピンチはチャンス

まさにその通りだと思います^^

ただ、この時の私は、正確な情報を得ることをまだ出来ていませんでした^^;

そのことに気づくのはもう少し後になります(笑)

倒産の経験で得たものについては下に簡単にまとめましたが、

また改めて詳しく書こうと思います。

※勤務先の倒産を経験して得られたこと※

✅経験値がアップした。(何事も経験です)

✅転職市場の現状を知る。(昔と違い、今は転職することが不利ではなくなりました)

✅未経験業種を経験できた。(一口に事務といっても様々だと知りました)

✅スキルアップ(学び)の楽しさを知る。(知らないことを知ることは純粋に楽しいです)

✅正確な情報を得ることの重要性を知る。(無知なことは罪だと知りました)

本日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます💕

ではでは。。。またお会いしましょう🌈🌈🌈

ABOUT ME
ぼさみ
はじめまして☆ぼさみと申します。たくさんのブログの中から見つけてくださりありがとうございます^^当ブログは「とにかく神戸にもどりたい!」「絶対神戸にもどる!」と思っているアラフィフシングル女の日常について綴っています。クスッと笑っていただけたり、同じような境遇の方たちに共感していただけたら幸いです^^よろしくお願いします☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA